食費にお金をかけたくない人におすすめのバイトとは

食費を減らすのを後回しするのが不景気な時の我々のお金の使い方

高度経済成長時代に国民の多くが中の上の生活を意識した生活を送れるほどに収入の増加を経験したので、生活費に回せるお金に余裕のできた家庭が増えました。
おかげで経済的に安定した家庭では宝飾品に手を出す家庭もありましたが、高価な食材購入に走ったり、高級レストランと言われる店へ家族で繰り出して美食に走る傾向が強まったのです。

しかしながら、景気が良い時期に毎月の家計費の中で余裕の出るお金はそれほどの大金ではないので、衣食住のうち、食に回す傾向が強かったようです。
もちろん、買いたい洋服があったり、住宅購入を予定していれば食に回すとは限りませんが、街へ出れば美味しそうな料理がいたるところで食べられるご時世なので、食い道楽になりがちなのは致し方ないところです。

ところが、高度経済成長時代が一定期間続いた後の反動期に低成長型でむしろデフレ気味の時代が長らく続いてきましたが、一旦、高度経済成長時代に贅沢を覚えた口を大人だけでなく子供までが簡単に元へ戻すことができないようなのです。
リーマンショックが全世界を覆い、不景気で収入減少があっても食費を削減するのは一番最後になったようなのです。
家計費が厳しくなるとどこの家庭でも住宅ローンは固定費として変更する余地がないため、最初に娯楽、旅行費用を抑え、洋服類も日常生活に必要な用品の購入だけにしてバランスを取ろうと考えるので、景気の悪くて収入の減少する時期は家計費に占める食費割合の高くなるのが一般的のようです。
但し、家計費に余裕が出ればすぐに高級レストランへ出かけて散在する気持ちだけは残っているのですから、そのようなレストランの売上減少が激しくなるほ度であれば、将来見通しの不透明な不景気が社会を蔓延している証だとも言えるわけです。

Copyright (C)2017食費にお金をかけたくない人におすすめのバイトとは.All rights reserved.